SmartHRさん主催 公開モブプログラミング会 に行ってきた。

久しぶりに面白いイベントに参加できた。

smarthr.connpass.com

モブプロを始めてから1年半くらい経つけど、他のチームや会社のモブプロを見学する機会が無かったので、ぜひ見てみたいと思って参加してきた。

SmartHRさんの中で今回のイベントを企画したチームでは、定期的にモブプロを実施しているそうだ。詳しくはSmartHRさんのブログに書いてあって、とても良い雰囲気出てて素敵。

tech.smarthr.jp

公開モブプロ

ファーストドリンクからアルコールを提供してくれるとか、ゆるい感じで始まってとても良かった。

始めはSmartHRの方が今回触るコードとサービスについての簡単な説明をしてくれた。 当たり前なのだけど、コード自体の写真は公開できないので写真撮影禁止。 今回触ったサービスの機能は、人事系の事務処理で使う書類のテンプレートをグルーピングして作成・管理するページ。 そこはページングが無いため、他の機能を参考にしつつページングを実装していくというお題だった。 Ruby on RailsとフロントでReactが使われていて、今回はそれらを一通り触るような内容になっていた。

最初のドライバーは、SmartHR社員代表としてkanacanさん。上の写真でピースしている人。 懇親会で聞いたのだけど、彼女自身は別のチームなので今回触るコードは今日初めて見たものだそうだ。 ナビゲーターの方のアドバイスが、単に作業の指示という訳でなく、簡単に動作の仕組みも含めて説明していたので、新人を受け入れる雰囲気を感じた。

次のドライバーを会場から募集したので、他に手を上げそうにないので、せっかくだからやらせてもらった。

2年ぶりくらいのRailsだったり、Reactも数年前にチュートリアルをやったっきりなので、右も左も分からない感じでスタートした。 Rails wayに乗ってるためなのかわからないけど、見ている画面からコードの場所がナビゲーターの指示からわかりやすくて、聞いたことをそのまま打っていくうちにあれよあれよと実装を進めることができた。 もし1人で同じようなことをしようとした場合、対象のコードがどこにあるのかを探すだけでも苦労するし、それが本当に正しいのかも不安を感じながら進めることになっていたと思う。どうせ誰か知ってる人に聞くことになるだろうし、やはり一緒にやることでスムーズに進められると実感した。 1年半前に今のチームでモブプロを始めた時に、PHPほとんど触ったことなかったけど、ナビゲーターのサポートで気持ちよく実装が進んでいく感覚を思い出した。

採用イベントということなんだけど、そうじゃなくて採用プロセスとして候補者をモブプロの一員として入れる、というのは有効だと思った。 候補者にとっても、これから自分が働く開発の現場の雰囲気を感じ取れそうだし、採用する側にとっても同様だろう。 採用にかかる時間は増えてしまうかもしれないけれど、採用できた時のミスマッチのリスクはかなり減らせそうな気もする。

楽しそうにモブをしているチームの中に混ざれたのはとても楽しかった。 良い経験させていただきました。SmartHRさん、ありがとうございました!