2019年総括

2019年9月より個人事業主として開業し、縁あって一緒にお仕事をさせていただくことができました。 始めは、個人として一体何ができるのか、期待に応えることができるのかといった不安がありました。 至らないところがあるとは思いますが、継続してお仕事を頂けております。

詳細については公表できませんが、これまで以下のような案件をいただいております。

Ruby on Railsによるサービス開発プロジェクトの一部業務委託

受託として受けている会社様でのRuby on Railsを用いたサービス開発のうち、一部を業務委託として請け負っております。

平日日中は本業を持つ傍らでの副業として請け負っているため、担当するタスクについて工夫をしています。 サービス開発のうち、優先順位が高いタスクではなく、

  • 開発環境改善(Docker化やセットアップ手順の作成など)
  • バグ修正
  • 優先順位の高くない機能開発

といったものを担当することで、メインの開発に影響を与えることなく開発支援をしております。

日本語文章の類似度計算のRubyプログラムの開発

複数ある日本語の文章間の類似度を計算するためのRubyプログラムの開発を行いました。

MeCabを用いて日本語の文章を解析し、文章の類似度計算として典型的なTF-IDFを採用しました。 これらをスクラッチですべて実装するのではなく、既に存在するOSS tf-idf-similarity とMeCabをRubyから利用するためのnattoを使用しました。

特に、tf-idf-similarityにおいては、日本語など英語以外に対応していなかったため、任意の言語を解析できるようにするための下記プルリクエストを送りました。

おわりに

今年は上記2つについて取引させていただきました。 1つ目は来年からも継続してご支援させて頂く予定です。

普段の本業や個人での開発と同様に、利用しているOSS自体へのフィードバックを必要に応じて行うことで、開発の状況に応じて柔軟に対応させていただいております。

こういったことを強みとしつつ、来年は幅広く色々な方々とご一緒にお仕事をさせていただければと思っております。

ご相談などありましたら、是非下記よりお問い合わせいただければと思います。

それでは皆様、良いお年を。

佐藤流 佐藤 竜也