「みんなでアジャイル」を読んだ。

「みんなでアジャイル」を読みました。

みんなでアジャイル ―変化に対応できる顧客中心組織のつくりかた

みんなでアジャイル ―変化に対応できる顧客中心組織のつくりかた

  • 作者:Matt LeMay
  • 発売日: 2020/03/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

開発のプラクティスに特化しているわけではないので、エンジニア以外の人たちでも十分にわかるような内容だと思う。 むしろ、そういった人たちがアジャイル開発というのに関わる場合に始めてに手に取るといいのかな。 「アジャイルって何?」という人にどういうことをやるかという話をしても頭に疑問符が残りそうだ。 そういったときに、この本に書いてあるように「何のために」「なぜやるのか」といった説明があると理解してもらいやすそうだ。

色々プラクティスを試してみてるけど何かモヤモヤっとしている人にも良さそうな本だと思う。 アジャイル開発を導入すると決まってプラクティスを始めてみたが、何か腑に落ちないといった場合に、各章の最後にある「良い方向に進んでいる兆候・悪い方向に進んでいる兆候」を読んで振り返ってみると改善策が出てきそう。 もちろん、これは導入し始めたチームだけでなく、その周りにいる経営層含めた関係者も同じように兆候を理解しておくために、良い本だと思う。