Google AssistantのバックエンドをAzure WebAppで作った。

Google Homeで音声を入力とした何かを今後作るかもしれないので、試しにGoogle Assistantを作るためのActions on GoogleとDialogflowを使った開発をしてみた。

初めて触れる技術のことなので、アプリケーションのネタはとてもシンプルにこれまで作ってきた駄洒落の自動生成にした。 で、実際にできたものがこちら。

www.youtube.com

バックエンドを、Firebase Functionsで作ろうと思ったのだが、無料版だと外部へのネットワーク接続ができないため諦めた。バックエンドは、Webhookの呼び出しを受けられれば何でも良いので、今回は普段から慣れているAzure WebAppを使うことにした。本当は、Azure Functionsにしたかったのだが、npmパッケージのactions-on-googleがサポートしていなかったので、WebApp上で動くnode.jsアプリケーションとして作った。

ソースコードは、こちら。

github.com

ユーザーの認証や、リソースへのアクセス権限を取得したりできるようなので、できることは色々ありそう。