1日階段200段を登り続けて1ヶ月経った。

2年前くらいから自宅で筋トレを週2か3くらいで続けている。 腕立てやダンベルは好きなのだが、足腰周りがどうも苦手で、スクワットなどやってみてもあんまり楽しくない。 ということで、楽しくないのなら、生活の一部に組み込んで必須事項にしてみた。

具体的には、出社時に自分のデスクがある19Fまで、9Fから階段で行くようにした。 1階登るまでにだいたい20段なので、200段登っていることになる。

iPhoneのヘルスケアアプリで上った階数を見てみると、上った階数が上がっている。

これを始めたのが1月22日からなので、一ヶ月が経過した。 平日の出社時のみなので毎日ではないが、この期間を続けられたので、やはり生活の中に組み込むことは良いと思う。 特に朝であればまだ元気なので、やる気がおきやすい。 帰宅時や帰宅後とか仕事での疲れがある状態だと、やらない理由にしやすいので続けづらかったのではないかと思う。

変化

残念なことに体重や体脂肪率への影響は出ていない。

しかし、体感として、

  • 体が軽く感じる
  • 脚を上げるのが楽
  • ふくらはぎ、ひざまわりが少し太くなった
  • 下腹部の腹筋も少しついた

といったところ。 なんとも形容しがたいのだけど、特に体が軽く感じるというのは本当に気持ちがいい。

参考

この運動を始めるにあたって参考にしたものを紹介する。

勉強会: プログラマの健康を考えるイベント「ヘルシープログラマ!」

何か良い方法はないかと考えている時に、4年前にあったヘルシープログラマーの出版イベントを思い出した。

connpass.com

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack

このイベントで訳者の玉川さんが、出社時に自席のフロアまで階段で行くという話をしていたので、それを参考にした。

階段の上り下りの運動強度は筋トレと同じ?:Goodayクイズ:日経Gooday(グッデイ)

階段の上り方で鍛えられる部位がことなってくる。 自分の場合、つま先で上る方法とかかとをつけて上る方法とを、日毎に変えるようにしている。